老後の心構え(雑記)

気持ちが軽くなり、平穏な我が家に戻る。

投稿日:2021年2月6日 更新日:

年金問題で揉めて以来、ずっとお互いトゲトゲした態度だったんだけど、娘にも影響があるし、家庭内も暗くなるしで良いことないので、普段通りに戻すことにしました^^

少しずつ態度を軟化させたら、向こうもすんなりのってきて、節分の日にはみんなで豆まきで盛り上がりもしましたw

これでいいのです。いつも私はそうなんですよね。すごく嫌なことがあっても2.3日すると怒りが収まってしまう。結婚当初は本当にいろいろあり、もっと大嫌いになったり離婚したりもあり得たのに、流されて日常を過ごしてしまう。だから軽く見られるのかもしれませんね。これは旦那に対してだけではないと思います。性格なんですね~。

でもこうやって何かがあると、過去のトラブルでの気持ちが思い出され、「またか。」と心が折れる。これの繰り返し。

あ、子どもが居なかったら、とっくに離婚はしてます。その方がお互いのためだから。

ずっと自分の状況にモヤモヤした気持ちが渦巻いてたんだけど、旦那の方も老後の離婚は賛成しているようなのでちょっと心が軽くなりました。

子どもが巣立った後、夫婦では生活は難しいと考えてた。これは前から。きっと今よりもっと仮面夫婦になる。子どもが巣立ったあとはせめて、お互い好きな場所で自由に老後は過ごせたらいいなと思ってたのです。

それがお互い言葉で確認出来ただけ気持ち的に前進です。

旦那とは子育ての同志。だから子育て中は娘のためにうまくやっていく。その上で離婚に向けた準備を進めていく。そう思ったら、途端に心が軽くなったので、自分が思ってる以上に心のモヤモヤは大きかったんだな~と実感しました^^;;

潔さをモットーにしてたのに、子どもが生まれてからずっと打算的な気持ちが働いていて、それは母性がそうさせてるのだけど、本来の潔い自分じゃないのが本当に嫌で・・・。

でもこれでどうにか前向きに進めそうです^^

とにかくまずはお金を稼ぐことが一番なので、まずはそこからですね。頑張ろう♪

ランキングに参加中です。ポチッと押していただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ




-老後の心構え(雑記)

Copyright© 親の介護と配当金生活 , 2021 All Rights Reserved.