個人年金、年金その他

家庭内別居中!年金問題で揉めました。とほほ。

投稿日:2021年1月29日 更新日:

旦那も今年は50代に入ることだし、いよいよ娘も中学受験するかどうか?塾に入るか?というお金が掛かりそうな状況になってきて、お互いの年金や教育資金についてちょろっと話し合ったんです。

その時に、独身の頃から細々と掛け続けていた小規模企業共済の解約金は「家に入れるのが普通だろ」と言われ、私の将来の年金計画が崩れましたww

それ自体はいいんですよ。旦那も退職金を家に入れるつもりだったみいだし、私の掛け金も退職金積立てだったのだから、同じようなもんだと思いましょう。

問題は年金ですよ。

旦那は年金生活になったら、生活に必要なお金をお互いの年金から同額ずつ出し合って生活したいと言いました。

え?同額って・・・。

私は国民年金+少しの期間の厚生年金で、現在は6万円前後の年金額を見込んでるぐらいですよ。

旦那は15万円以上はもらえるでしょう。

老後の生活費を20万円として、お互い10万円ずつ出したら私は毎月赤字です。これってありなの??

旦那曰く、今まで独身時代に働いて自分が厚生年金を積立てたんだから、その分は多く年金をもらいたい。とのこと。

それにしたって、百歩譲って、自分の方が老後のお小遣いを多くもらいたい・・・とかだったら交渉の余地はあるけど、それぞれ生活費を出し合うって・・・。

旦那は貯金が出来ないタイプ

結婚当初からお金がなくて、旦那の実家の借金もあったり、旦那名義でお金を借りてたり、保険代にローンを組んだり、めちゃくちゃだったんだけど、どうにかこうにか上手くやってきたつもり。でも基本的にお金にはルーズな人なので家計簿は私が管理していました。

旦那のお小遣いは毎月5万円。コロナ禍でずっと在宅だけどそれは変わってません。そして一時期は残業代がわんさか出て、残業代の半額はお小遣いに上乗せ制度を取っていたため、旦那のお小遣いは月に20万円前後という時もあったんですよ。

その時も、「今はいいけどこの状態がずっと続くとは思えないので、ちゃんと貯金しないとダメだよ。」と、何度も言ってました。今だって、コロナ禍でお金を使わない日々なのだから、5万円から少しでもいいから貯金した方がいいよと言ってます。

でも、貯金してる感じが全然しない。あの大金のお小遣いをもらってた時だって、結局ほとんど貯金出来なかったみたいだし。(それは旦那から直接聞いた)

高齢結婚の弊害

我々は40歳手前で結婚してます。家を買い、すぐに子どもが生まれて子育てしてるので、夫婦の貯金を年数をかけて築いていくことが出来ません。だから趣味のゴルフや釣りをする代金は月々のお小遣い+今までの貯金で!という感じです。

40歳手前まで独身でいたんだからお互い貯金はあるはずで、旦那はずっと実家暮らしだったからなおさら。お給料も良いんです。

でも旦那は貯金が出来ない体質で、貯金が出来ないどころか自分のボートまで持ってて、艇庫代もサラリーマンには馬鹿にならず、でも結婚してすぐの頃まで払ってたんですよ。釣り竿だって何本持ってるかって感じで、とにかくあるだけ使う。

かたや私は一人暮らしで、ティッシュペーパーを半分に切って半分ティッシュを作り消耗品の節約したりww、残業いっぱいして働いて、もっと稼ぎたくて自営業になり朝から晩までPCの前で仕事して貯金して、そのお金を元手に投資しして減らしたりww 老後に豊かに過ごすために頑張ってきたんです。

それなのに、老後になって毎月赤字分を補填しなきゃならないなんて・・・。

でもまあ、年金5.6万円じゃ自分でも少ないと思ってるので、言われなくても小規模企業共済を年金払いにする予定を立てたり、配当金を増やして年金代わりにしようと思ってました。(だからこのブログも書き始めた)

「そんなこと言うんだったら、ずっと正社員で厚生年金がもらえる人と結婚すれば良かったじゃん」と言ったら、「ほんとそうだよ。」と吐き捨てられましたよ。

旦那はいつもそう。あと老後まで15年もあるんだから、どうにか努力すればいいものを、自分が働いてるんだ!自分のお金なんだという意識が強くて努力をしない。だったら結婚なんてしなきゃ良かったと思うし、子どもも作らなければ良かったじゃない?と思う。

離婚して一人になってコンパクトになれば生活費だってそれほど掛からないし、そんなセコい旦那と一緒にいなくて平和だわと思っちゃいました。

と言っても、今すぐに離婚は無理なので(娘が悲しむ)、あちらの考えが変わらない限り心を開くことはもうないでしょう。永久に家庭内別居です。(と言っても口を効かないだけで、料理や洗濯などの家事は旦那の分ももちろんやってます)

自分の年金と娘の教育費

結果、今までのように家に毎月必要額入れた上で、プラスアルファーの年金作りと、娘の教育資金のみ力を入れて行こうと思います。(娘の願いは叶えてあげたいけど、教育資金のめどが立たなかったら残念ながら公立に行ってもらうしかないですね・・・。)

頑張ろう!!

老後までにはお一人様決定!離活スタート。

あれから夫婦で話しあって、元々の価値観が違いすぎる事でお互いに無理だろうと言う事になりましたよ。 ただ、子供の事は2人とも1番に考えていて、子供が小さいうちの離婚は無しです。 私的には、結婚後すぐから ...

ランキングに参加中です。ポチッと押していただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ


女性投資家ランキング




-個人年金、年金その他

Copyright© 親の介護と配当金生活 , 2021 All Rights Reserved.