親の介護(脳内出血)

リハビリ病院71日目、自分でベッドから足を下ろせるようになりそう!

投稿日:

実母(79歳)の脳卒中からの介護記録です。(脳内出血発症から105日目)

発症からの記録はコチラから⇒親の介護(脳内出血)

娘が風邪を引いて咳が長引いていたのと、もろもろの用事からゴールデンウィーク中はあまり母の病院に行かなかった。

その後の平日も娘の習い事やら何やらでなかなか顔を出さず、今回久しぶりの面会になってしまった^^;;

私自身も段々状況に慣れてきて、リハビリ病院がしっかりやってくれてるし、父も毎日2回面会に行ってるし、同室のお友達も出来て楽しそうにしてるので、顔出す回数も減って来てます。

毎日父に電話して母の様子は聞いてるんです。
あとは愛犬亡き今、父の様子も気にかかるので、毎晩娘と話して元気出してもらってます。

なんだかんだで入院してる間は安心だなって思う。安心して任せられるリハビリ病院に巡り会えて本当に良かったです^^

リハビリ病院71日目

さて、母の様子ですが・・・

相変わらず、同室の人達と食堂で雑談してました。が、なんだか母の様子がおかしい。よく見ると泣いてる??

どうしたの?と聞くと、良くしゃべる隣のベッドのおばさんが、愛犬が死んで寂しいのよ。ずっと泣いてるのよ。って教えてくれました。

母も、「愛犬の事聞いたでしょ?」と泣きながら私に聞いてきます。

もちろん知ってるし、母以外の家族はもう気持ちの整理も出来て涙が出るほどの思いは無くなってるので、とっさに、「え?まだ引きずってるの?」って言っちゃったんだけど^^;;

そしたらおばさんが、「18年も一緒に居て、昨日亡くなったのにそんなに早く悲しみは無くならないよ!」って少し非難めいて言ってきて。

しまった!私たちは愛犬の死は過去の事になったけど、母は父から聞いたばかりだったんだと、思い出しました^^;;

メソメソしてるし、ちょうどお昼の時間にも重なってたので、一旦実家に帰ってお昼食べてから出直すね!と言って帰ってきちゃった。

実家で父に話すと、昨日愛犬の事を母に思い切って話してから、ずっと泣いていたと。

まあまだ仕方ないよね。特に今は感情のコントロールが出来ないからね。

でも、お昼を食べてまだ出直してみると、母は落ち着いていた。

実家にある愛犬の骨壷を写メで見せると、泣く事はせずに、「立派な骨壷に入れてくれたんだね!火葬はいくらだったの?」と。

すかさず娘が「1300円かな」って答えてて。

おーい!どこから出た金額だよ〜ww そんなに安いわけないしw

みんなで大爆笑。

泣く時も盛大だけど、笑う時も盛大な母でした。

母の日のプレゼントを渡すと喜んで、愛犬の話からすっかりそれて洋服の話を熱く語ってました。

こうやって徐々に愛犬の死を受け入れてくれたらいいな。時間が解決してくれるよね。

その後、あれこれ話していたらリハビリの時間になり理学療法士のお姉さんが迎えにきた。

すると母は1人で軽々ベッドから半身を起こし、お姉さんの指示のもと、右足を左足に絡めて上手に両方の足をベッドの下に下ろしてる!!

途中戸惑ってたけど、最終的には誰の手も借りずに足をベッドから下ろせた。すごい進歩してる!

その後、柵に手をかけて、車椅子に移乗する時もほぼ1人で移乗出来ていた。もちろん指示も見守りもまだまだ必要だけど、かなり体に力が入ってきた感じです。

その後も理学療法士のお姉さんは容赦なく、ベッド横からリハビリ室まで車椅子を自分で動かすよう指示。

何度も自分のベッドやお隣さんのベッドにぶつかりつつ、どうにかリハビリ室まで移動していたよ。

そう言えば気づくと車椅子が変わってて、自分で自走出来るタイプの車輪の大きい車椅子になってた。

車椅子を自分で扱う練習も始まったようだ。ちょっと行かなかった間にだいぶリハビリが進んでるみたいで感動。

母にも、凄い凄いと盛大に褒めてみたよ。褒められたらリハビリも更にやる気が出るだろう。笑笑

そろそろ退院後の話を進めたい・・・

リハビリも始まったので帰ろうと思った時に、担当の看護師さんに呼び止められた。

そろそろ退院後の話を進めて行きたい。自宅介護と決まったみたいなので、それに向けて問題をクリアして行かなければならない。

在宅介護にあたって今の1番の問題は、夜中のトイレが3.4回ある事。介護者が3.4回起きるのは寝不足にもなるし、ましてや父も高齢なので負担が大きい。

なので夜中はオムツをしてもらう選択もある。もしオムツとなったら、オムツ変えの練習もしなきゃいけないし、何より本人に納得してもらう事が重要。今は失禁もなくトイレでできていて、本人も自立の方向で頑張ってる。それを夜だけとは言えオムツにしろと言うのも心の問題もある。

などなど、これからの問題を並べられて、せっかく最後は母の頑張りを見て晴れやかな気持ちだったのに、現実に戻させて帰る事になりました。💦

やはり在宅介護は問題だらけだなーと思う。
せめて退院までには手か足、出来れば両方が少しでも動ける状態になってくれればと願うばかり。

脳内出血が酷くて先生も重い半身不随との見立てだし期待はしてないけど、これからの家での生活を考えると、そう願わずにいられません。







にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ にほんブログ村 その他生活ブログ 老後資金へ にほんブログ村 介護ブログへ

-親の介護(脳内出血)

Copyright© 親の介護と配当金生活 , 2019 All Rights Reserved.