ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングのオーナーズブックと松井証券が提携!!

投稿日:

クリスマスも過ぎてやっと一息つけるかな?という感じです。なんでこんなにバタバタなのかしら^^;;

ということで、旬のネタじゃないんだけど・・・。

私も利用しているオーナーズブックの運営会社ロードスターキャピタルと、松井証券が業務提携したそうです。

夏ごろからソーシャルレンディングを始め、投資金額を増やしている最中の私としては嬉しいお知らせとなりました。

松井証券との業務提携に関するお知らせ

提携内容は?

提携内容は下記のようになります。

  • 松井証券のサービスサイト内にて『OwnersBook』を紹介
  • 相互の資金移動
    松井証券及び『OwnersBook』の会員が、それぞれの間で資金を容易に移動できるようにする
  • オリジナル案件の組成
    松井証券の会員に向けた案件の組成
  • 口座開設
    松井証券及び『OwnersBook』における本人確認業務の統一化

私が考える提携によるメリット

私が考えると言うより、誰でも思うと思いますが、オーナーズブックの信頼感がアップしたことが一番のメリットかなと思います。

運営会社のロードスターキャピタルが上場してるので、そこそこ安心感はありましたが、松井証券と組んだことで更に安心感がアップしましたよね。これは大きいなと思います。

もともとオーナーズブックは堅実な会社で、案件も堅実で分かりやすいので初心者向きの事業者ではあると思ってたんだけど、更にパワーアップです。

その他では、松井証券もオーナーズブックも口座開設済みなので、私的なメリットとしては、資金移動が容易であることは嬉しいことかなと思います。

現在、オーナーズブックの出金手数料は324円。少額出金だとこの手数料、結構痛いです。なので松井証券に移す分には手数料無料とかそんな感じに改善してくれたらなと願います。

どちらか登録していれば、本人確認が1回で済むのも便利ですね!

利率は低めだけど堅実がウリ

オーナーズブックは堅実な案件がウリだと再三書いています。と言うのも、オーナーズブックの場合、銀行も貸している案件が多いんですよね。

シニアローンが銀行で、残りの少額がメザニンローンとしてオーナーズブックが貸出す形です。

銀行が貸したがらない融資先より安心できると私は思っています。なので利率も低いんだと思います。

メザニンローンとは?

例えば、10億円のオフィスビルの購入を検討しているとします。

自己資金は2億円しかないので、銀行に借入を申し出たところ6億円調達できることになりました。

メザニンローン

メザニンローン

ですが、2億円不足しています。そこでオーナーズブックから2億円借り入れることにしました。
と言うように、通常はシニアローンを借りて、それでも資金が足りない場合に借りるのがメザニンローンです。

最悪、返済が滞り担保物件を売りに出さなければならなくなった場合、メザニンローンは、通常借入であるシニアローンより返済順位が後になります。

メザニンローンの債権者はシニアローンの債権者が回収して残余金があった場合にそこから回収できるという順番があるので、リスクは高めになります。(なので利率も高いのです)

オーナーズブックの場合、担保物件の査定は厳しく、メザニンローンでも十分回収できると踏んで投資をしているようです。もっといろいろ話を聞いたんだけど、その時は納得してても書いて伝えようとすると難しいですね^^;;

投資案件が少ないのがデメリット

ソーシャルレンディングは事業者リスクが大きいので、今回の松井証券との提携は安心材料ではありますが、なにせオーナーズブックは案件が少ないのが難点。

maneoのようにたくさんの案件が湧いて出てくるわけじゃないので(笑)、スムーズにいかないところが残念です。クリック合戦に勝つ必要もあるしね^^;;

その辺はどうにかしてほしいな~と思います。

あとオーナーズブックは都心の案件が多かったけど、千葉の案件なんかも出てきてますね!都心だけじゃなかなか案件数が増えないから地方案件もこれから出てくるのでしょうか。

OwnersBook

Owners Book(オーナーズブック)とは?私が考えるメリットデメリット!

私が投資型クラウドファンディング(別名ソーシャルレンディング)を始めるにあたって、いちばん最初に口座開設をしたのが、Owners Book(オーナーズブック)でした。 私はリーマンショックの時に株で痛 ...

続きを見る







にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ にほんブログ村 その他生活ブログ 老後資金へ にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

-ソーシャルレンディング

Copyright© 老後マニアの配当金生活への道 , 2018 All Rights Reserved.