親の介護(脳内出血)

入院19日目、転院先の回復期リハビリ病院へ父と面談

投稿日:

実母(79歳)の脳卒中からの介護記録です。

発症からの記録はコチラから⇒親の介護(脳内出血)

回復期リハビリ病院へ面談に行く

現在母が入院しているのは、救急車で運ばれた急性期病院です。急性期病院は基本的に2ヶ月しか居られない事が決まっているそうです。

なので2ヶ月経たないうちから回復期リハビリ病院を選んでおかないといけないんです。

幸い、リハビリ病院は実家の近くにあったので、そこに希望を出していて医師の判断で大丈夫ならリハビリ病院に転院できるということろまでこぎつけました。

今回はその転院先の回復期リハビリ病院へ転院するための申し込み兼、面談を行いに父と行ってきました。

施設見学

父と病院で待ち合わせをし、相談員さんに連れられて、まずは病院の見学から始まりました。

回復期リハビリ病棟は一般の総合病院の中にあり、ワンフロア全部がリハビリ病棟になっていました。

そしてとにかく新しくてキレイ!!人気があると言うのも頷けます。

廊下もだだっ広く、車いす同士がすれ違っても全然余裕があり、部屋も4人部屋なのに1人当てる空間が広い。食堂も広々しているし明るく開放的。もちろんリハビリ室もキレイて活気に溢れてました。

今の急性期病院が古くて薄暗い雰囲気なので、かなり好印象です。

早くここに移してあげたい!!

リハビリ病院での一日

リハビリ病院ではリハビリを中心とした生活を過ごすことになります。

なのでリハビリが2時間以上出来る人でないと受け入れは出来ないそうです。

患者は40人。スタッフは日中10人だと言ってました。

お風呂は週3回、リハビリは2時間以上、最高3時間やるそうです。

朝起きてパジャマから部屋着に着替え(介助あり)、普段着で生活します。9時から17時の間の1時間×3回のリハビリをします。

メモ出来たことがこれぐらいかな。また転院できたら具体的に話を聞きたいと思っています。

疑問点をいくつか聞いてみた

■リハビリ病院に入院中に肺炎などの病気になった場合はどうなるのか?

処置できそうな病状なら一般病棟に移ったりしながら同じ病院内で治療していくが、脳外科はないのでもし同じような脳出血や脳梗塞などを起こしたりしたら以前の病院に逆戻りになってしまうそうです。

そしてその症状が落ち着いてまたリハビリが出来るようになれば、またリハビリ病院へ戻ってこられるみたい。

■介護認定などはいつごろしたらいいか?

リハビリ病院に入院後1ヶ月してから医師の説明があるそうです。1ヶ月リハビリするとだいたいの未来が分かるので、そこから動けば十分です。とのこと。

まだまだ分からない事だらけで、これから介護保険の事なども勉強して行かなくちゃ。

入院費が年金で賄えない!!

恐ろしいことに、リハビリ病院にかかる1ヶ月の入院費が15万円を超えると思われ、母の年金ではまかないきれません!!

両親は共済保険しか入ってなくて、入院日額5000円出るには出るんだけど、40日分しか出ないんです。

医療保険などの件は後程別に書こうと思うんだけど、これかなりヤバいですよー。

高額療養費があるし後期高齢者で1割負担なのにそれを差し引いても1ヶ月15万円もかかるなんて考えてもみませんでした。

これはどこのリハビリ病院でも同じぐらいの金額らしく、脳こうそくで倒れたお友達のお父さんの時も金額はかなりかかったようです。

これが父の場合だったら年金で賄えたんですけどね。母はほとんど扶養されていたのでほぼ国民年金のみ。これじゃ賄いきれません。

お金の話をすると嫌がる父と、ある程度今後について話をしないと、ヤバそうです。介護とお金の問題、これからも重く降りかかってくる予感です。

転院は3月頭か?

今のところ急性期病院にいる母は順調に回復しているようなので、このままで行けば転院先のベッドが空く3月頭ぐらいに転院が出来そうです。

ただしその間に母の病状が急変したり、何か別の感染症になったりした場合は、転院は延期になります。

何事もなく無事に転院できるといいのだけど・・・。







にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ にほんブログ村 その他生活ブログ 老後資金へ にほんブログ村 介護ブログへ

-親の介護(脳内出血)

Copyright© 親の介護と配当金生活 , 2019 All Rights Reserved.