積立投信 おすすめ書籍・映画など

ヤバい会社の見分け方と、ひふみ投信の話

投稿日:

4つの投資信託を解約したので、次はどうしようかなーと漠然と考えてる時に、ちょいと読んでみようと思った本が、「投資レジェンドが教えるヤバい会社の見分け方」。

著者の藤野英人さんと言えば、レオス・キャピタルワークス代表取締役社長・最高投資責任者(CIO)で、人気の「ひふみ投信」のファンドマネージャー。

足を使って実際に企業を回り調査し、成長企業を発掘してきたすごい人です。

以前にも書いたことあったと思うけど、インデックスファンドの成績に上回るアクティブファンドは実は非常に少なく、結果、高い手数料を払ってアクティブファンドに投資するよりインデックスファンドに投資してた方が無難と言われています。

日本では10年で約7割のアクティブファンドがインデックスファンドを下回ってるらしく、ファンドマネージャーがアクセク頑張ってコストだけ上がっても、長期目線で考えるとインデックスを上回るアクティブファンドは非常に少ないという状態なんですね。
インデックスファンドとは?

が、ひふみ投信はアクティブファンドの中の数少ない勝ち組で、高い年率リターンを上げ続けているんです。

ひふみ投信

手数料も良心的で、それもあって高いリターンが出せるってこともあります。

めちゃくちゃ細かいところを見ている

この本には、68の法則によってヤバい会社、逆にヤバイイ(良い)会社の見分け方が書かれているんです。

その内容が非常に細かい(笑)

例えば、

  • 社長の保有株比率が高い会社の方が株価が上昇する
  • ビジョンの浸透に尽力している会社は「買い」
  • 自社サイトの社長の挨拶の主語が「私・私たち」の会社は伸びる
  • 社長の自伝を本人がプレゼントしてきたらその会社は伸びない

社長室が豪華だったり、有名絵画が飾ってある会社。社長が高級外車に乗ってる。美人過ぎる受付嬢がいる会社。豪奢な新社屋に移転した会社。コピー機周辺やトイレが汚い会社。晴れてるのに傘が傘立にいっぱいある会社などなど。

企業のホームページは得られるものが大きい

特にヤバいのが、情報開示に消極的な会社じゃないかと思います。

自社のウェブサイトに社長の写真が載ってなかったり、IR情報が見にくかったり。後ろめたいこと何かあるの?と素人でも思ってしまいます^^;;

本を読んでいて思い出したのが、先日のソーシャルレンディング会社「ラッキーバンク」の行政処分勧告の件。

ラッキーバンクが行政処分勧告
ソーシャルレンディングのラッキーバンクが行政処分勧告!!投資分はどうなる??

いつか来るとは思っていたけど、こんなに早く、しかも自分が投資している事業者でそうなるとは思ってもいませんでした。 ラッキーバンクが行政処分勧告されたようです。 知らなかった人は、2月20日付でインフォ ...

続きを見る

実はよく参考にしているブログで、以前ソーシャルレンディング事業者のランキングを見た時に、アレ?って思ったんです。

そのランキングは、藤野さんの「ダメな会社の法則」のいくつかの項目に当てはめてSL事業者をランキングしてたんですが、前回上位だったラッキーバンクが最下位近くに落ち込んでるんです。

理由としては、「以前は代表者と役員が顔出ししていたが、そのページが削除され、代表者の挨拶も削除されたため」と書いてありました。

そのランキングは去年の9月付になっています。

以前はあった代表者と役員の顔写真ページが削除されて、挨拶さえ削除されたって、誰がどう見ても怪しい気持ちになりますよね。

なので今回ラッキーバンクが行政処分勧告を受けた時に、なんとなくストンと落ちたというかなんというか・・・。

手続きが素早くて好印象ではあったけど、やっぱり心のどこかで不安はありました。でも10%の利回りと都内一等地の土地担保にすっかり魅了され、深く疑ってかかることはしませんでした。

せっかくブロガーさんがヒントを教えてくれてたのに、もっと真剣に大きく受け止めなきゃダメなんだなと今回この本を読んで反省しましたよ^^;;

ファンドの方針が変わらない限り「ひふみ投信」は買い

藤野さんは主にこれから伸びるであろう中小企業を中心にファンドに組み入れています。

その逆で、上記ヤバい会社の法則に照らし合わせて、すっぱり見切りをつけ、全株売却も迅速にしているようです。

ファンドマネージャーと言う立場上、個人より正確に企業を見れるし、先も読める。とても太刀打ちできません。

それならそこに乗っかっちゃえばいいんじゃないか?と思いました(笑)

保有投資信託4本を売却してしまって、当分は積立投信をしないでおこうと思ってたけど、ひふみ投信かなり惹かれました(イマサラ)

ひふみ投信の買い方

レオス・キャピタルワークスの「ひふみ」シリーズは3つの投資信託があります。

  • ひふみプラス(銀行や証券会社などで買える)
  • ひふみ投信(直販)
  • ひふみ年金(確定拠出年金専用)

内容は基本的にどれも同じで、買う場所が違います。

もしiDeco(イデコ)でひふみ年金を買う場合は、 SBI証券 が取扱いありです。

直販だとコチラ⇒レオスのひふみ投信

私はイデコはまだやってないので、楽天ポイントが使えるなら楽天証券で積立していこうかと思ってるんだけどどどうなんだろう?

調べたら楽天ポイントでも購入できますね!やった~!!

今は株高でどうなのかしら?と思うところはあるけど、ポイントで購入する分には元々がタダなので下がっても悔いないです。

下がってもファンドの方針が変わらなければまたすぐに戻すと思うし、ひふみプラスを購入したいと思ってたので、ここで思い切ってポイント購入していこうと思います^^

投資レジェンドが教える ヤバい会社 Amazon
投資レジェンドが教える ヤバい会社 楽天Books

私が考える、楽天証券のメリットデメリット

私はメインで楽天証券を使っています。使っていてココがいいよ!ここが悪いよ!なども簡単ながら紹介していこうかと思います。 これから口座開設される方や、現在使っている方にも参考になればと思います^^ ※あ ...

続きを見る







にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ にほんブログ村 その他生活ブログ 老後資金へ にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

-積立投信, おすすめ書籍・映画など

Copyright© 老後マニアの配当金生活への道 , 2018 All Rights Reserved.