親の介護(脳内出血)

親の介護生活、突然やってきた。

投稿日:

私の家に半同居していた母が、脳卒中で倒れて半身不随になりました。

現在、まだ状態は安定してませんが、徐々に回復に向かっていて、少しずつでも食事も取れるようになってきました。

食事が取れるのは回復に向けて非常に良い事なんだけど、そうなると今度は誤嚥性肺炎の危険もあり、慎重に慎重に進めていってるようです。

我が家はちょっと特殊でして、当初は両親と同居と言う話で家を建築したんです。
でも父がなんだかんだ理由を付けてなかなか新居に来ない。

先に来ていた母も、1.2年経つ頃には、我が家と実家の往復生活になり、ここ数年は3日我が家、4日実家の不規則な生活になってました。

そして去年クリスマス前からお正月明けまで約3週間旦那が入院し、病院が離れていた事もあり、ずっと我が家に居て娘の面倒みたり家事の手伝いしたりしてくれてました。

普段からの疲れの蓄積と、年末年始のぶっ通しの頑張りが祟ったのでしょうね、旦那も退院して生活も落ち着いてきた矢先に、今度は母が脳内出血で倒れてしまいました。

もう本当にショックでショックで。
全ては私が悪い。79歳の親に頼り過ぎてたんです。それの一言に尽きます。

ここ数日たくさん後悔しました。頑張ってた母がどうしてこんな事になったのか。

その上、多少のボケも入ってたので、怒ってしまう事もたびたびありました。

過労とストレスのせいでこんな大変な事になってしまった。

以前から、育児に協力してもらってるし、親が病気になった時には私が全力で介護しようと思ってました。

そして思っていた以上に早く突然に、その介護生活がスタートしてしまったのです

娘の卒園式、小学校入学式も見せてあげたかった。もう少し元気でいて欲しかった。

後悔してもし足りません。

そんな事がグルグルと何度も頭をよぎり、なかなか気力が出なかったけど、私がつぶれたら我が家は機能しなくなるので、気合で乗り切らなくちゃと思ってます。

このブログは、自分の老後の生活をどう快適にしていくか、主に配当金生活を目指してその過程を書いて行く予定だったけど、親の介護の話は貴重な体験だと思うので、これからは介護の話もこのブログで書いて行こうと思います。

書いていく上で頭を整理したり、心の中を吐き出したりして、私自身もストレス発散になれればいいな。







にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ にほんブログ村 その他生活ブログ 老後資金へ にほんブログ村 介護ブログへ

-親の介護(脳内出血)

Copyright© 親の介護と配当金生活 , 2019 All Rights Reserved.