親の介護(脳内出血)

8月半身不随の母の様子まとめ(2台目ベッドとトイレ購入)

投稿日:

8月の母の様子です。

8月は特に両親とも体的には問題なく過ごせたようですが、父のストレスが溜まりに溜まっていて、母に厳しく当たってしまうらしく、母がもうここでお世話になりたくないと言い出しました^^;;

我が家に父と来てもらって我が家でみんなで介護する案を再々再々度話したんだけど、それは父が拒否。

施設に入りたいと言い出してる母。だけど本心は入りたいなんて思ってないことは明らかなんです。

父は不器用なのですべて完璧にこなそうとして、手を抜く加減が分からないんだと思う。それは家事もそうだけど、母に対しても。

スルー力が低いというか、真剣に向き合ってしまうので、ストレスも大きいんだと思う。

母が未だに自分で眼鏡をかけられないのも、私から見たら父が甘やかせてるからと思うんですよね。ベストを羽織るのだって自分からやろうとしない母に、父はホイホイやってあげちゃう。

そうやって母に手をかけすぎるので、自分で自分の首をしめて、結局は母に怒鳴ったりしてるんですよね。

母も母で、すぐにブザーを鳴らして父を呼ぶんです。

認知症も入ってるので、正常な判断が出来ないので、遠慮するってことが出来ないんだと思う。

このままだと2人とも病気になってしまうんじゃないかと考え、もう一度ショートステイに行ってもらうよう提案しました。

出来れば月に2回ぐらい2泊3日でショートステイに行ってくれると、父も気分転換になって母に優しく出来るような気がするんです。母も母で施設に入るよりは自宅にいた方がいいと思ってるんだったら、2泊3日×2回は我慢してもらいたい。

そうは言っても、正常な判断の出来ない母は、ショートステイに乗り気じゃ無い。けどそんなことも言ってられないので、問答無用で泊まってもらいます。介護はいつまで続くか分からない。手を抜けるところは上手に抜いてもらわないと父まで倒れてしまったら大変ですから。

我が家でみんなで介護出来れば一番いいんだけどな・・・。

2階にもベッドと簡易トイレ設置

これは父母の性格もあるんだけど、欲しいと思ったら絶対欲しい。

有るか無いかの大雨による床下浸水に備えて、2階にベッドとトイレを置きたいと言い出したんです。

そして勝手にお世話になってる介護用品の担当者に話を付けたらしいの。

介護保険で2台ベッドをレンタルすることは出来ないらしく、安く手に入るルートがたまたまあったので購入の提案があったそう。

結局、ベッドもトイレも新たに購入しましたよ。(なんと旦那の会社で介護用品補助が出て無料に出来た!さすがホワイト企業w)

介護ベッド

介護ベッド

介助トイレ

去年の台風の時に床下浸水間近だった実家(過去に何度も床下浸水やってる)。近所の人が急遽母と重いトイレを二階に上げてくれたんだけど、ベッドがないので布団からトイレに行かせるのがもの凄~く大変だったみたいで。母も母で頑としてトイレで用を足すと言い張り、オムツ拒否したんですよね。

そんなこんなで父としては台風がトラウマになってしまったみたいなんです。

古い家なのに二階に重い介護ベッドを置いて床が抜けないか不安(笑)だけど、まあ父の心の安定のためにも仕方ないですね。

今年は大型台風が来ませんように。







にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ にほんブログ村 その他生活ブログ 老後資金へ にほんブログ村 介護ブログへ

-親の介護(脳内出血)

Copyright© 親の介護と配当金生活 , 2020 All Rights Reserved.