リピート系 FX自動売買

マネースクエアの豪ドル円、カナダドル円の買いマイナススワップを受けて考える

投稿日:

私のFX自動売買の投資法は、とにかく長期でのんびり月に5万円前後が稼げればいいな~ぐらいにやってます。

基本、長期。そしてのんびりでOK!なので利益幅も1000円(1円高)とかにしてるんですよね。頻繁に売買設定せずにのんびり投資の姿勢です。

その、のんびり長期投資を脅かす自体が発生しましたよ。去年からの豪ドル円の買いがプラススワップからマイナススワップに反転したこと。そして続くように今年に入って、カナダドル円も買いがマイナススワップになってしまった。(現在は両ペアとも0円です)

マネースクエア・豪ドル円スワップ一覧

左が売りスワップ、右が買いスワップです。

マネースクエアの豪ドル円

豪ドル円は1月11日付けのスワップ金利から、買いが0円になりましたよ。とりあえず、マイナスから脱出したのは良かったです。

マネースクエア・カナダドル円スワップ一覧

左が売りスワップ、右が買いスワップです。

マネースクエア・カナダドル円スワップ一覧

カナダドル円は、1月13日よりマイナススワップから0円に変更になってます。

でも!いつまたマイナススワップに変わらずか分からず。

全部のFX会社がマイナス転換したわけではない

ちなみに、今も一部残っているトライオートFXでは、豪ドル円買いもカナダドル円買いもマイナススワップにはなってません。

両通貨ペアとも10円と少ないですが、かろうじてプラススワップを維持しています。(その代わり売りでのマイナススワップは大きいです)

もう一つ、スワップ投資で使っている、トレイダーズ証券(みんなのFX) は、豪ドル円買いは、30円とか150円とかその日によって違うけどプラススワップ。カナダドル円買いも120円とか150円とかでこちらもプラススワップです。(1万通貨あたり)

FX自動売買の投資スタンス

冒頭でも書きましたが、FX自動売買の投資スタンスとしては、中長期で運用。なのでプラススワップ方向のみで運用に決めています。

実際、マネースクエアで以前高値(85円とか)でポジション取ってしまっているカナダドル円は完全に塩漬けになっていて、でもプラススワップが付くしまーいいか!と思って放置してたんです。

ところが突然それがマイナススワップ変わってしまったら根本から考え直さないとです。

もっと資金力があって、売り買い両方やってる状態ならばそこまで気にならないのかもしれないけど、弱小投資家としてはマイナススワップは大きな問題。

このままマネースクエアで長期投資を行ってていいんだろうか?と疑問です。

スプレットの広さも合わせて考えると・・・

そして、自動売買は自動で売買してくれてとっても便利な分、手数料が高いのも弱小投資家には痛いです。

マネースクエアは手数料無料と歌ってますが、実際はスプレットが広いので手数料のようなものですよね。スプレットが広いとそれだけたくさん上がってくれないと決済されません。

例えば、2021年1月13日11:30現在、豪ドル円のスプレットはマネースクエアで0.7銭。みんなのFXで0.1銭。カナダドル円では、マネースクエアは0.5銭、みんなのFXは0.2銭(目視なので多少のズレはありますが)

微々たる違いだけど、値動きが狭い時にはスプレットの大小は成績に影響してきそうな気もする。

それでも、自動で売買してくれる魅力には勝てず、スプレット多少広くてもいいやと思っていたんです。でもね、プラススワップがマイナススワップに変わるなんて、それはちょっと許容できない^^;;

と言うことで、ちょっと今後を考えようと思います。

また決まったら書きますね!

ランキングに参加中です。ポチッと押していただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ




-リピート系 FX自動売買

Copyright© 親の介護と配当金生活 , 2021 All Rights Reserved.